Menu

小児科

Home

小児科

風邪・腹痛・じんましんなどの一般的な病気に対する内服処方、小児の定期健診、予防接種などを行っています。

小児科外来で最も多いのは、いわゆる「かぜ」で、多くはウイルス感染症です。乳幼児の喘息に関係しているとされているようなウイルスもあります。熱や咳がある場合は、このような感染症のことが少なくありません。ひどくなって入院することもあります。急な発熱や体調不良などでどうしてよいか迷ったときなどは電話ででも御相談下さい。

小児では発熱や痙攣といった出来事だけでも、大きな病気が隠れている 場合もありますので、注意深く診察し診療所で処置できない重症な問題が あった場合は、ただちに紹介先を書いた紹介状を作成し、病院に御紹介させて いただきます。

薬局に対する不満の中で一番多いのは、待ち時間が長いことです。辛い体で、薬局に来てくださった患者様を、お待たせしないよう隣の調剤薬局との長い間の連携で、小児科外来で日常使う内服は準備されておりますので、薬をもらうまでの待ち時間もかなり短くなっていると思います。

各種予防接種を行っております。

小児科では任意の予防接種も含めすべての予防接種ができるようにワクチンを準備しています。
予防接種について、受けたほうがよいのか、何から受けたらよいのか、何か副反応が出たらどうしようかなどいろいろ不安をもたれている御両親も多いと思われます。当院には予防接種について詳しいスタッフがおります。予防接種を行う順番、任意予防接種の希望などお気軽にご相談・お問い合わせください。

当院で行っている 小児予防接種一覧

・BCG ・DPTワクチン ・MRワクチン ・日本脳炎 ・DT ・インフルエンザ
・Hibワクチン ・小児用肺炎球菌ワクチン ・水痘ワクチン
・おたふく風邪ワクチン ・ A型肝炎ワクチン ・ B型肝炎ワクチン

必ず検診を受けておきましょう。

乳児健診

首のすわる生後3~4ヶ月、及び生後9~10ヶ月は赤ちゃんの発達をみる上で、重要な月齢Key Monthです。
>乳児一般健診について

院長から一言メッセージ

先代の院長の藤原先生はこどもたちの診療に特に熱心であったようです。 引き継ぎの際、こどもたちの診察をしっかりやって欲しいと頼まれた事が 強く記憶に残っています。
発熱、咳、嘔吐、皮疹など子供の体調が悪くなると通常は近隣の開業医を 受診します。大部分はその場で診察し薬を出しますが、必要な子供は病院 に紹介します。この流れの中でミスがないように、診察の翌日や数日後に 電話で経過を教えていただいたり再診していただいたり細かく診ていこうと 考えています。子供の診療は、小さな大人ではなく子供という存在として 診ていこうと考えています。

当院の健診項目
医院案内

〒270-2222
千葉県松戸市高塚新田123-5
【診療日】 月~土
【診療時間】
午前 9:00~12:00
午後 14:30~18:00

PAGE TOP