Menu

インフルエンザ

Home

インフルエンザとは?

インフルエンザは「飛沫感染」や「接触感染」を起こす感染力の強いウイルスですが、未然に予防することが大切です。飛沫感染は、感染している人のくしゃみや咳を吸い込むことで発症するので、流行している時期や地域では咳をする人の2m以内に近づかず、マスクを付けることが予防の基本です。また帰宅時には薬による「うがい」を行うと効果的です。

インフルエンザ・ウイルスって?

インフルエンザウイルスは、感染により高熱、強い体の痛み、強い咳など の症状が出ます。Aソ連型、A香港型、B型のウイルスが毎年少しずつ変異し流行を引き起こします。2009年からは前記の季節性インフルエンザの他にA(H1N1)型ですが、多くの人が免疫を持っていないインフルエンザウイルス(新型インフルエンザと言っています。)の流行が起こっています。
インフルエンザ・ウイルスは、ワクチンによって重症化や死亡を防ぐことができます。
毎年流行するインフルエンザは、予防接種の必要性やワクチン不足・治療薬・副作用・新型インフルエンザの猛威など様々な問題が世間を騒がしています。 インフルエンザ・ウイルスは、ワクチンの接種である程度発症を予防できたり、発症しても症状が軽く済むということなどから、重症化や死亡を防ぐ意味では、予防接種を受けることはとても大切です。

予防接種

ここ数年、世界各国で猛威をふるう新型のインフルエンザウイルスによって、ワクチン接種希望者が増えてきたため、希望どおりの時期に医療機関で予防接種を受けることが難しい状況にあります。当院でも9/1から予防接種の予約を受け付けておりますので、早めに接種することをおすすめします。

インフルエンザ予防接種対象年齢 

対象年齢  生後6か月以上
 
接種回数  13歳未満の方は原則として4週間の間隔をあけて2回の皮下
        接種をします。
        (間隔は早すぎることなく4週間あけることをすすめます。)
 
        13歳以上の方は1回または2回
        (4週間の間隔をあけて2回接種をすすめます。)
  
時期的には、流行が始まる前の10月~11月の接種をすすめます。
当院の健診項目
医院案内

〒270-2222
千葉県松戸市高塚新田123-5
【診療日】 月~土
【診療時間】
午前 9:00~12:00
午後 14:30~18:00

PAGE TOP