Menu

子宮頸癌予防ワクチン

Home

子宮頸癌予防ワクチン(不活化ワクチン)とは?

子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの原因となりやすいHPV 16型とHPV 18型のウイルスに対する抗体をつくらせるワクチンです。なお、このワクチンに含まれるウイルスには中身(遺伝子)がないので、接種しても感染することはありません。
 
日本では2009年10月に承認され、2009年12月22日より一般の医療機関で接種することができるようになりました。感染を防ぐために3回のワクチン接種で、発がん性HPVの感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。
しかし、このワクチンは、すでに今感染しているHPVを排除したり、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまで接種後のHPV感染を防ぐものです。
B型肝炎の原因とは?
HPV(ヒトパピローマウイルス)は女性の子宮頸がん発症の原因となるウイルスです。子宮頸がんワクチンはHPVの感染による子宮頸がんの発症を予防するワクチンです。HPVは性交渉によって誰でも感染する機会のある一般的なウイルスで、8割くらいの女性が一生のうちに一度は感染します。子宮頸がんを発症するのは感染した女性の1%未満だと考えられます。20~30歳代での発症が問題となっており、日本では年間約15,000人が発症し、約3,500人が亡くなっています。発症は20~30歳代が多いのですが、ワクチンは性交渉開始前に接種しておくことが大切です。

子宮頸がん予防ワクチン接種対象年齢 

10歳以上の女性(年齢の上限はありません。)
 
接種回数  3回の筋肉内注射
        (初回接種の後、1か月後(2か月後)と6か月後にそれぞれ1回)
当院の健診項目
医院案内

〒270-2222
千葉県松戸市高塚新田123-5
【診療日】 月~土
【診療時間】
午前 9:00~12:00
午後 14:30~18:00

PAGE TOP