Menu

B型肝炎ワクチン

Home
B型肝炎ワクチン|内科・小児科・循環器科の治療なら【医療法人社団ヨーゼフ会 高塚団地診療所】

B型肝炎ワクチン

予防接種|内科・小児科・循環器科の治療なら【医療法人社団ヨーゼフ会 高塚団地診療所】

全世界で約3億人の人がB型肝炎ウイルスに感染しているのが現状です。
それに関わる病気で、毎年約60万人が死亡しています。
日本では、B型肝炎ウイルスの感染者は約100万人と推定されています。
B型肝炎ウイルスに感染し、慢性肝炎になると長期に渡る治療を要し、最悪の場合は肝硬変や肝臓癌などの命に関わる病気を引き起こします。

B型肝炎は「誰でもかかる可能性のあるVPD(ワクチンで防げる病気)」であり、ワクチンによる予防が重要です。

原因とは

日本のB型肝炎対策は、キャリア(持続感染:ウイルスを体内に保有した状態)の母親からの感染(垂直感染)予防であり、母子感染防止策が1986年から始まりました。母子感染防止策では、生後すぐ抗HBs人免疫グロブリン(HBIG)を投与し、その後B型肝炎ワクチンを接種します。
しかし、近年、父子感染や感染経路不明で乳幼児がB型肝炎ウイルスに感染する例が増えています。

母子感染予防だけでは不十分

母子感染予防だけでは不十分

B型肝炎ウイルスに感染しても、誰もがキャリアになるわけではありません。
しかし、赤ちゃん(特に3歳未満の乳児)がB型肝炎ウイルスに感染すると、キャリアになる危険性がぐっと高くなります。キャリアになると慢性肝炎になりやすく、将来肝硬変から肝臓癌に進行することがあります。

赤ちゃんが生まれたら、早いうちにB型肝炎ワクチンでウイルスから守ることがとても大切です。

B型肝炎ワクチン接種対象者

医療従事者や外傷を負う確率の高い建築工事関係者・血液透析を受ける方の接種をおすすめしています。 
【接種回数】3回(0.5ml)
輸入ワクチンで、A型肝炎とB型肝炎の混合ワクチンもございます。(1回の注射で済みます)

お問い合わせはコチラから
予定表はコチラから