Menu

日本脳炎ワクチン

Home
日本脳炎ワクチン|内科・小児科・循環器科の治療なら【医療法人社団ヨーゼフ会 高塚団地診療所】

日本脳炎ワクチン

予防接種|内科・小児科・循環器科の治療なら【医療法人社団ヨーゼフ会 高塚団地診療所】

日本脳炎を予防するワクチンです。
本脳炎を発症すると、38~40度、あるいはそれ以上の高熱・頭痛・嘔吐・意識障害や痙攣などの症状を示す急性脳炎を起こします。

すると、致死率は20~40%で幼児や子供・高齢者は死亡リスクが高く、後遺症も生存者の45~70%、特に子供に重度な障がいを残すことが多いとされています。

日本脳炎とは

日本脳炎とは

日本脳炎は、ウイルスによる病気です。ブタの中で増えたウイルスを蚊が運んで人に感染します。
発症すると高熱・頭痛・嘔吐・意識障害・痙攣などを起こす、死亡率も高い怖い病気です。

日本での発症は少なくなっておりますが、これは蚊が少なくなったことや、極的な予防接種で免疫を持っている人が増えたものだと考えられております。
しかし、東南アジアではまだまだ多く、予防接種できちんと免疫をつけておく必要があります。3歳になったら、できれば夏前に予防接種を受けておきましょう。(法定の予防接種は、1年中いつでも受けることができます。)

日本脳炎ワクチン対象年齢

【対象年齢】1歳以上(1歳を過ぎれば年齢と関係なく接種できますので、幼稚園・保育園などの集団生活に入る前に接種することをおすすめします。)
【接種回数】1回の皮下接種を行います。

お問い合わせはコチラから
予定表はコチラから